【旅行】指宿温泉に行ってきました3【いぶたま】

2月15、16日の週末で、妻と鹿児島県は指宿市へ旅行に行ってきました
この記事では、旅行レポ第三弾として観光列車「指宿のたまて箱」について書きたいと思います。

目次

  1. 今回の旅行について(前回振り返り)
  2. ホテルを出て指宿駅へ
  3. 「指宿のたまて箱」に乗車
  4. 鹿児島といえば…
  5. まとめ

1.今回の旅行について(前回振り返り)

そもそも、今回、指宿へ旅行しようと思ったいきさつ、鹿児島までの道中は、前回のブログに書いてありますのでご興味あれば見てもらえると嬉しいです(^^)/

【旅行】指宿温泉に行ってきました【鹿児島空港】

【旅行】指宿温泉に行ってきました2【砂風呂】

2.ホテルを出て指宿駅へ

指宿旅行2日目は朝4時半に起床…私は超朝型なのです。。というわけで、朝5時からやっているホテル内の温泉へ。

ちょっと写真が荒いですが…
朝5時ちょっと過ぎに温泉に向かい、一番乗りかなと思いきや、すでに2,3名の先客が…指宿の朝は早い(笑)

温泉に入りすっきりしたところで部屋に戻るも、妻はまだ熟睡中。というわけでkindleで読書。谷川祐基さんの「賢さをつくる」という本がとても面白く、一気に読み進めました。今度このブログで書評したいと思います。

妻が起床しホテルの朝食の時間になったので、1階のレストランへ。今回宿泊した、指宿ロイヤルホテルの朝食の目玉は、指宿の鰹節をふんだんに使った「だし茶漬」。

スポンサーリンク

朝食は一般的なバイキング形式なのですが、だし茶漬けのコーナーだけこのような豪華ないで立ち。ホテルの気合がうかがえます。実際に食してみると、お茶漬けの具が必要ないと感じるくらい、鰹だしがしっかり効いていておいしかったです。

指宿駅から乗る観光列車「指宿のたまて箱」は11時前に出発予定なので、チェックアウトの10時まで部屋でのんびりと過ごし、チェックアウトしてからも30分くらいホテルのロビーに滞在。その後タクシーで指宿駅へ。

3.「指宿のたまて箱」に乗車

指宿駅で待つこと数分。今回お目当ての「指宿のたまて箱」がやってきました。

私よりも、鉄道好きの妻のほうがテンション上がってましたね…笑

 

指宿→鹿児島では、向かって右手側が海なので、海を眺めやすい座席配置になっています。と言っても当日は生憎の空模様で海はどんより、そして桜島は見えませんでした…

それでも妻は終始ハイテンション。指宿のたまて箱はどうしても乗ってみたかった電車の1つだったらしく、夢がかなったと喜んでいました。

中の車内販売でサイダーとプリンを購入。他にもお菓子など販売してました。

約1時間ほど電車に揺られ、無事鹿児島中央駅に到着したころには空気もだいぶ冷え込み、東京都それほど変わらないほどに…鹿児島空港からの飛行機にはまだ2時間ほどあったので、敢えて天文館のむじゃきへ。

鹿児島といえば「白熊」、どうしても白熊が食べたかったのです…!

体は随分冷えましたが個人的には満足でした。

その後、鹿児島空港へバスで移動し、羽田行きを待つことに。機材の遅れで出発が30分ほど遅れましたが、無事東京に戻ることができました。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

コロナウイルスのニュースが連日報道される中での今回の旅行だったので、色々と心配なところもありましたが結果として何事も起きず(東京に戻ってからも)、本当に良かったです。
個人的には鹿児島には5年ぶりくらいの旅行でした。その時は一人旅だったけど、今回妻と一緒に来れて楽しい思い出を作ることができました。

今後も旅行の記事は随時書いていきたいと思います!

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です