【旅行】香川とマリンライナーとうどんの旅【うどん県】

3月21日に、妻と香川県高松市へ旅行に行ってきました。

厳密に言えば、用事があって友人宅を訪ねるついでに高松市に行ってみたということになります。今回は高松市への道中について書きたいと思います。

目次

  1. マリンライナーで高松へ
  2. 山田屋さんのざるぶっかけうどん
  3. 八栗寺へ
  4. 高松空港から東京へ
  5. まとめ

1.マリンライナーで高松へ

高松へは岡山⇔高松間を結ぶ、快速マリンライナーに乗車しました。マリンライナーは先頭車両の最前列がパノラマ席と呼ばれ、運転席越しに前面が見渡せる席になっています。今回はその席を予約して、瀬戸内海の風景を楽しみながら、高松へ向かうことにしました。

これには鉄道好きの妻も大喜び。今回の旅一番のテンションでした(笑)

瀬戸大橋の下を走行する電車なので、外の風景を撮るとどうしても橋の枠が写り込む…連写やズームでなんとか枠が入らないように写真を撮っていたら、あっという間に高松についてしまいました…汗

高松駅前。顔の形を模したユニークな駅ビル。

今回、私も妻も初めての高松だったのですが、高松に行ったら一度でいいから行ってみたかったところがありました。それが「うどん本陣 山田屋」(以下、山田屋)さんです。

山田屋さんといえば、水曜どうでしょうの四国八十八ヶ所シリーズで有名なお店。帰りの飛行機に間に合うか間に合わないかのギリギリの状況でも、どうでしょう班全員が「どうしても食べたい」と強引に山田屋さんへ向かうほどの名店です。

 

2.山田屋さんのざるぶっかけうどん

高松駅からバスに乗り、山田屋さん最寄りのバス停から歩くこと15分。「うどん本陣 山田屋」と書かれた大きな看板が見えてきました。

スポンサーリンク

3連休の中日とは言え、コロナウイルスによる外出自粛のムードのある中でしたが、行ったのが12時過ぎということもありお店はかなり盛況な様子。だいたい20分待ちだったかと思います。

自分は「ざるぶっかけうどん」に「いなり寿司」をトッピング。妻もざるぶっかけうどんを注文。

うどんはコシと言いますが、山田屋さんのうどんは麺がしっかりしていて、それでいて硬すぎず、良い歯ごたえ。うどん自体の味が美味しいのに加え、出汁も絶品で、トッピングを楽しみながらあっという間に完食してしまいました!

その後、東京の知り合いへのお土産にとうどんセットも購入して山田屋さんを後にしました。

3.八栗寺へ

山田屋さんの次に向かったのが、四国八十八ヶ所の一つ「八栗寺」。こちらは山田屋さんから徒歩5分くらいのところにケーブルカーがあり、それを使って行けるという、八十八ヶ所のお寺の中でも少し変わったお寺です。

ケーブルカーは15分に1本出ていて乗車時間は約5分。私達みたいな観光客だけでなく、当然お遍路の方もいらっしゃいましたが、そこまで混雑はしていませんでした。

ケーブルカーを降りて程なく、八栗寺が見えてきます。なお、八栗寺の詳しい説明はこちらをご覧ください。

八栗寺から見える高松市内の風景。

八栗寺を後にした我々は、再度ケーブルカーに乗り下山。ケーブルカー乗り場からは最寄りの駅まで歩いていくことを選択したのですが、3月も後半になり日差しもそれなりに強く、移動距離も2キロほどあったので結構疲れました…特に、山田屋さんで買ったお土産が意外と重く、ずっと持って歩くのは結構疲れました。。

その後、電車とバスを乗り継いで高松空港へ向かいます。

4.高松空港から東京へ

高松空港についてまず向かったのが、うどんの出汁が出る蛇口。『前略、雲の上より』でも紹介されていた、空港の観光スポットの一つです。

早速行ってみたところ…

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、出汁の提供は休止に、、まぁこれは致し方ないですね。次回来たときに期待です。

その後は展望デッキへ。

高松空港の展望デッキはガラス張りになってる部分もあり、飛行機が見やすい構造になっています。ただ、カラスの反射があるので、写真撮影には少し不向きかもしれません。

展望デッキへ行ったときは離発着便はあまりありませんでしたが、やっぱり展望デッキはいいですね。デッキの向こうからは、さぬきこどもの国も見えました。こちらも『前略〜』で紹介されてますね。

こちらも次回、機会を作って行ってみたいです。

あと、今回久しぶりにジェットスターに乗りました。機内へ持ち込む手荷物に重量制限があり、山田屋さんのお土産が重さ的に大丈夫か…と冷や冷やしましたが、なんとかギリギリだったのもラッキーでした笑

5.まとめ

実は今回の旅行は出発直前に決まり、全然準備ができませんでした。。ただそれでも移動に食事にと色々と楽しむことができ、妻も喜んでくれたので良しとしたいと思います。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です